ネイリストは社会貢献している。

ネイリストは社会貢献している。

ネイルというオシャレは歴史が浅いです。
昔はネイルはただ赤いマニュキアを塗るだけの単純なものでした。
しかしここ20年くらいで爆発的に進化して、ビーズやらジェルやらを乗っけたり、
キラキラさせたり色々出来るようになりましあ。

 

女性が大好きなデコレーションも3Dアートも出来るようになってより自由度がたかまり
それまでネイルに全く興味を示さなかった層まで取り込んで社会ムーブメントを起こしています。

 

その経済効果は計り知れないので、ネイリストは必然的に社会貢献を果たしている事になります。
私は国民栄誉賞をネイリストにこそあげるべきだと思っています。
そのパイオニア的な人物こそ賞賛に値するのではないでしょうか?

 

最近ではそう思えて仕方ないのです。
ですが、まだまだこれから課題は沢山あります。
ネイリストの育成や教育にもっと力を入れて行かなくてはならないし、
国としての補助金ももっとネイルサロンに割り当てあてられるように持って行かなくてはなりません。

 

そのためにはネイリスト出身の政治家も生まれてほしいものです。
いや、欲しいといってるだけで行動しなくてはダメなので私が立候補したいと思います。

 

そしてその暁には素晴らしい経済効果になることだと思います。
ネイリストは日本を救うのです!